ほうじょうのやしろ

スマブラやTCGやアイマスの話題を不定期に

I amムートピア、進化の時

Iamムートピア、新章DMから登場した新種族《ムートピア》をふんだんに使用した青単のデッキだ。

 

このデッキは基本的に《一番隊ザエッサ》で展開を補助をして、《貝獣アンモ》《貝獣ホーラン》などで手札を減らさずにクリーチャー展開し、《貝獣ホタッテ》《第4新都市ウツボイド》に進化させて打点を確保してから《I am》をタダ出しするのが基本の戦術だ。

だが、展開できてもNEO進化クリーチャーや《I am》を引けず、折角並べたクリーチャーを除去されればあっという間に負けてしまう。

さらに、並べきってもすぐ息切れしてしまう、ハンデスにも弱い、《一番隊ザエッサ》が引けないと展開力も大幅に落ちる、等など結構問題が多かった。

 

しかし、新弾「ギラギラ†煌世主と終葬のQX!!」で強力な2枚の新規カードを手に入れたことで大きく進化を遂げた。

まずは《南海の捜索者 モルガラ》だf:id:MyuraD364:20180922194233j:image

コロコロオンラインで判明し、筆者もおっこれは…と思ったものの、採用するとしても2枚だろうと思った、3枚カードを引くのはあくまで破壊された時であり、余計息切れを起こしかねないのである、《テック団の波壊Go!》なんて使われた日にはなんでこいつ入れたんだろう…と思うだろう。

だが破壊しか除去手段を持たない相手にとってはわりと脅威にはなるだろうし、ブロックできない効果はなかなかに強い。

しかし、このカード以上に高いアドバンテージをとるカードが現れたのである。

それが、《頑固水産ガンパチ》である。

f:id:MyuraD364:20180922195123j:image

このクリーチャーの攻撃の終わりに、その攻撃中のにこのクリーチャーがシールドをブレイクしていたら、カードを2枚引く。

この効果がとても強い。わかると思うが攻撃しながらカードを引くのが強いのは《プラチナ・ワルスラS》で既に痛いほど分かっているだろう、ただ《プラチナ・ワルスラS》と違って《頑固水産ガンパチ》は攻撃後にドローするため除去に弱い、クリーチャーとバトルしたらカードを引けないなど問題点はある、だがそれを抜きにしても十分強いカードだ。

新弾のカードを使用したI amムートピアのデッキレシピがこちらだ。

《I am》×4

《貝獣ホタッテ》×4

永遠の少女ワカメチャ》×2

《一番隊ザエッサ》×4

《貝獣アンモ》×4

《貝獣ホーラン》×3

《南海の捜索者 モルガラ》×2

《ストリーミング・シェイパー》×1

《頑固水産ガンパチ》×4

《第4新都市ウツボイド》×2

《奇跡の旋風トゲガニル》×2

《龍装者タルスーパ》×4

《崇高なる智略オクトーパ》×4

採用理由

《I am》

デッキコンセプト

 

《一番隊ザエッサ》

《貝獣アンモ》

《貝獣ホーラン》

《ストリーミング・シェイパー》

《頑固水産ガンパチ》

必須カード、《貝獣ホーラン》の枚数はお好みで変えよう。

 

《南海の捜索者 モルガラ》

永遠の少女ワカメチャ》

便利なカード、《永遠の少女ワカメチャ》はハンデス対策に軽いチャンプブロックとわりと器用。

《貝獣ホタッテ》

《第4新都市ウツボイド》

NEO進化クリーチャー、《第4新都市ウツボイド》は刺さる相手はとても強い。《ガチャンコ   ガチロボ》とか

《奇跡の旋風トゲガニル》

《龍装者タルスーパ》

《崇高なる智略オクトーパ》

防御カード、ちょっと多いかなとは思う。

 

今後はムートピア提督や1マナのムートピアサーチ呪文が欲しい所。

みんなもI amムートピアを組んでみよう!